2013.8.7 硫黄岳(八ヶ岳)

2週連続土曜にイベント出勤した報酬で、平日アタック決行!
八ヶ岳の硫黄岳へ。
d0180297_1521985.jpg

夏休み期間のさらに土日は混むだろうからと、振替休日の利用計画を練り、
天候も良い時を狙ってのアタック。平日休みの友人美容師とも日程が合い、
朝4時いざ出発。
予定どおり7時すぎに桜平の駐車場に到着。。でも最後の20分の林道悪路は
車がホント壊れるかと思いました。。この道はもう来たくないな・・。

気をとり直し、いざ出発です!
d0180297_15275245.jpg

d0180297_15283516.jpg

最初の30分くらいは、こんな林道歩き。
今日から天候回復で平地は猛暑とのことですが、涼しく快適です。
d0180297_15301719.jpg

予習不足で知りませんでしたが、しばらくは沢が平行する道でした。
沢のおかげで涼しげ。沢から時折、その名の通り硫黄の匂いがしていました。
d0180297_1531844.jpg

8:00 夏沢鉱泉到着。ここはとりあえずノンストップで。
d0180297_153277.jpg
d0180297_1532209.jpg

この後も緩やかな登りをのんびり進み、
d0180297_15341965.jpg

8:50 オーレン小屋へ到着。
二人ともトイレを借りに小屋内へ入りましたが、とてもキレイでびっくり!
明日も天候は良いので、泊りでくれば良かったかなとちょっと後悔。
ここから硫黄岳は、「夏沢峠」から向かう道と「赤岩の頭」を経由して行く道に分岐。
眺望重視で行きたいので、小屋オーナー(?)のオヤッサンに、
「どちらから行くのがオススメですか?」と聞くと、
「どっちだって同じだ!頂上に着くんだから!・・。まあ、でも夏沢峠かな」と
ぶっきらぼうに答えてくれました026.gif
また休憩していたご婦人たちからも夏沢峠からが眺望が良いよ~と教えてもらい、
いざ出発。結果的には大正解でした!
トイレが長かったりで何分休憩したか・・その後進むこと20分くらいかと。
d0180297_15412060.jpg

9:15 夏沢峠に到着。
目指す頂上、爆裂火口が見えてきました。
d0180297_15474531.jpg

ここから頂上へ向かう尾根を見上げると、すでに登っている人も見えました。
あんな高度感あるとこへ行くのかと思うとテンション上昇。
そして
d0180297_15472164.jpg

ガンガン高度を稼いでいきます。あっという間に、さっきまで休んでいた夏沢峠が下のほうに見えます。
そして北西方面には
d0180297_1549392.jpg

穂高連峰(?)と下界を眺望。
少しずつ岩が増えてきたので、足元を注意しながらひたすら登ります。
d0180297_17544281.jpg

d0180297_1755333.jpg

頂上は見えているのに、ジグザグに登るのでなかなかじれったい。
それでも気分はどんどん高まっていきます。
なぜなら登りながら、振り返ると
d0180297_17571891.jpg

こんな絶景が見えているので!
今日、硫黄岳とどちらにしょうか迷っていた西天狗・東天狗がバッチリ丸見え!
無駄にチョイチョイ振り返り、写真を撮りつつゆっくり登ります。
夏沢峠から1時間、ようやく山頂目前。
d0180297_1832651.jpg

爆裂火口の断崖を横目に見ながら
d0180297_1841136.jpg

d0180297_1842632.jpg

10:30 硫黄岳山頂へ到着!!
d0180297_1845890.jpg

広々とした山頂に快晴!
同行者の友人はクタクタで座り込んでしまいましたが、自分はひたすた撮影会。
d0180297_1862725.jpg

d0180297_1864610.jpg

目の前には横岳、赤岳、阿弥陀岳の雄大な光景。雲が邪魔じゃ~!
の、登りて~!!
d0180297_1875043.jpg

横岳へと向かう稜線には硫黄岳山荘も見えます。
あの稜線、あ、歩きて~!!
この後、稜線にかかっていた雲が急激に増えだして、あっという間に山頂は
ガスってしまいました。この光景をしっかり眺望でき写真も撮れたのが
とてもラッキーと思うと同時に、ホントに山の天気は急変するのだと実感。
ガスったあとは寒くもなり、二人ともアウターを着て休憩と軽食タイム。
なんだかんだ1時間山頂でゆっくりしました。

11:30 名残惜しいが、明日は仕事の日帰りだから下山開始。
下山は「赤岩の頭」経由で行きます。
山頂直下は岩場でしたが、1か所岩にへばりついて進む個所があり小ビビり。
横岳とかはこんなのが続くのかな?
下りながら振り向くと
d0180297_1822026.jpg

横岳への稜線歩いている人たち。。いいな~
15分ほどで
d0180297_18233138.jpg

d0180297_1824699.jpg

「赤岩の頭」へ到着。
ここでオーレン小屋へ戻る道と赤岳鉱泉へと向かう道に分岐。
直前に追い抜いた若者パーティーは赤岳鉱泉方面へ向かいました。
マムートビール飲むのかな、羨ましい~
ここからオーレン小屋への道中は、樹林帯で道は狭いし眺望も無し。
登りの時こちらか来たら面白くなかったな~と。夏沢峠からで良かった!!
なので、ここからはひたすら下るのみで撮影も無し。
d0180297_18274026.jpg

12:25 オーレン小屋へ到着。ここがテント場かな!?
ここで最後の休憩で
d0180297_18291970.jpg

ノンアルビール。。やっぱ本物が良いです。。
d0180297_18295826.jpg

この看板を見て、八ヶ岳の「八つ」の山を初めて理解。編笠山と権現岳は違うのね。。
ここからさらにペースを上げて下山。
夏沢鉱泉の小屋裏では
d0180297_1832641.jpg

カモシカ?
13:50 無事下山となりました。
d0180297_1838950.jpg

次回は赤岳、行きたいな~!!
[PR]
by johnnygarden | 2013-08-07 18:00 | 山行