2013.9.14 天狗岳(八ヶ岳)

八ヶ岳シリーズ 北八ヶ岳の天狗岳に行ってきました。
d0180297_13425389.jpg

山トリオ仲間との年頭の目標。
「八ヶ岳制覇」を掲げながらも、アタックしたのは7月の編笠山のみ。
その後、別の友人と硫黄岳には行きましたが、トリオ仲間とは行けずじまい。
翌週の9月第二回目の三連休には赤岳鉱泉からのアタックを予定していましたが、
何があるかわかりません。
行けるときに行こうと、天狗岳へのアタックを急遽決行。
トリオ仲間の友人YUと2人でのアタックとなりました。

互いに、硫黄岳へ登る際に桜平駐車場までの悪路を経験しており、
今回の唐沢鉱泉までは、まだマシだろうと思っていましたが、なかなかどうして。
車をガタガタいわせつつ、7時頃に駐車場へ到着。
この日は台風上陸前日なのでタカをくくっていましたが、
すでに路肩へ駐車する程度にはなっていました。

準備を済ませ、いざ出発。
d0180297_13531414.jpg

d0180297_13533311.jpg

歩き始めは、苔むしたってヤツですかね~気持ち良い緑のトレイルを順調に。
これが北八ヶ岳って感じかね~、早くもまた来たいね~など呑気に歩きます。
d0180297_13555545.jpg

友人YUはけっこう苔写真を撮りたがり、のんびりと進みます。
d0180297_13563542.jpg

d0180297_1405371.jpg

その結果、大体CTどおりに進むみながら眺望がひらけてくると
d0180297_141314.jpg

なかなかの雲海の先には南~中央アルプス(?)が。
そして先に進み、第二展望台でも。
d0180297_1491350.jpg

d0180297_1423610.jpg

翌週アタック予定の赤岳など南八ヶ岳も望めます。
ここまでそれなりに登ってきたので、西天狗岳というのがこの第二展望台なのかな?
などと思いつつ来た道を振り返ります。
d0180297_14122162.jpg

でも本当の西天狗は先にあり、到着~。
ここからは東天狗から根石岳へと続く稜線が望めます。
d0180297_14131738.jpg

この稜線、次回は歩きたいな~と思わせられます。
そしていざ東天狗へと向かいます。
d0180297_14152995.jpg

西天狗から東天狗への登りは岩登りで手足を駆使してなかなかの登り応え。
そして、
d0180297_1417896.jpg

東天狗も登頂~!だけどガスってきたし頂上付近は食事をしている方が多いので
さらっとスルー。我々は黒百合ヒュッテで食事とする事とします。
d0180297_14191669.jpg

この中山峠経由とすりばち池経由の分岐点。
特にどちらというわけでもなく、すりばち池経由で黒百合ヒュッテを目指しましたが
東天狗から黒百合ヒュッテまでの道のりは、ゴツゴツの岩を跳んだりでなかなかの苦行。
予習不足なうえ若干甘く見ていたので疲れました。
d0180297_14221789.jpg

ようやく黒百合ヒュッテに到着。
d0180297_14224574.jpg

到着した時には疲労困憊、そして陽も出てきたのでバーナー使って温かいものより、
冷たいコーラを購入、おにぎりで簡単に食事をすませました。

さて、後は下るのみでしたが、ここからが悪夢の始まり。
ただでさえ、ここまでに意外と疲れた行程。さらにこの後のトレイルは
前日の雨に濡れた苔地獄で、まずは友人YUが滑って足首をグネリ。
その後、ゆっくり行こうとCTオーバーのぺースで進みつつも
二人で滑りまくり。私は一度、登ってくるすれ違う女性陣をやり過ごすために
立っている状態から急にズルッと滑り、赤っ恥かきました。。

下山するまでには本気だが冗談だか2回ほど、「唐沢鉱泉の建物だ!」と
見えたものが幻覚?山の景色を勘違いしてしまうほど、疲労困憊。
13時30分くらいには下山予定が15時となってしまいました。
d0180297_1429694.jpg

今回の教訓は、予習は大事!そしてやはり甘く見てはいかん!
改めて気を付けたいと思いました。
[PR]
by johnnygarden | 2013-09-14 23:30 | 山行